読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30日朝一、なぜか起床時間に上司からモーニングコール。想定外の事態が発生し電話をとってから10分でスーツに着替えて家を出て納品に同行する。車のなかで眉毛を書きながら半分寝ていた。11時間の労働を終え、帰宅してから部屋の掃除をしていると別れた人の写真がぽつぽつと出てくる。写真に写っているかつての恋人の不愛想な顔と、それを撮っていたときどんなに幸せだったかを思い出すと、枯れ果てた自分の内側から零れ落ちるようにかなしみが湧いてくる。今泣いているのはこの瞬間の悲しみなのか、かつて悲しかったことを思い出して泣いているのかわからなくなる。思い出に泣かされる不毛さなんてずっと前からわかっていて、腐ることもただれることもできない生活のなかでいったい何に向き合っていけばいいのかわからない。明日の仕事のことと毎日食べるごはんのことだけ考えていられれば、こんな痛みの中で踊り続けることもなかったのかもしれない。


[AUDIO] 宇多田ヒカル Utada Hikaru - 桜流し (Sakura Nagashi) (With Lyrics)

 

1日五十嵐大介のディザインズをいまさら購入。

ディザインズ(1) (アフタヌーンKC)

ディザインズ(1) (アフタヌーンKC)

 

 相変わらずものごっつ美しい絵だな~~~~~と心奪われつつ読む。職場から自宅までの間にローソンしかないので本屋やTSUTAYAに行く機会がなくてとてもさびしい。都会から外れた場所に一人暮らししていると簡単に文化的なものから遠ざかることができる。生まれ育った場所がこういうところだったらそりゃマイルドヤンキーにもなるよな、と思いながらコンビニとラーメン屋のまえで座りながら煙草を吸うギャルたちとすれ違う。

 

2日仕事終わりに新宿で同期とごはんを食べた。貧乏性なのと、外食を続けると肌が荒れる体質のせいで久しく外でごはんを食べていなかった。エビのアヒージョ、牛すね肉のワイン煮込み、鴨のローストを食べながらワインをしこたま飲んで仕事の話だけをして帰宅した。新宿でやっていたライブイベントに行こうか迷ったものの、自分の聴きたい音楽だけを楽しみたい気分だったので帰宅して一十三十一を聴きながらシャワーを浴びた。


一十三十一 『Stardust Tonight』

 

3日立ち仕事の4連勤というのは思ったよりもはるかにつらくて、昨晩のアルコールのせいもあってか珍しく11時まで眠ってしまった。ふられてから二か月と少し、初めて夢の中に別れた恋人が出てきて、目が覚めた後も魔法にかかったようなけだるい幸せのなかから抜け出せずにいた。起床してフルーツグラノーラ(ヨーグルトで)を食べてニュースを観ていたら夢の続きを望むかのようにソファに座ったまま寝ていた。同期からボディビルの大会を観に行こうと誘いが来ていたけどあまりに元気がなかったので丁重にお断りした。夜はたまごの入ったうどんを作って食べた。


Suchmos ”GIRL feat. 呂布”(Official Music Video)