読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7日姉と一緒に細野晴臣のライブを観に表参道まで。自分のなかでもはや空想上の生き物と化していた細野晴臣だったけど実際はチャーミングなおじさんだった。しゃべるのがめちゃくちゃ上手だし、言葉遣いがとてもきれいでかっこよかった…。歌声はCDで何千何百回と聴いてるからか歌声より話し声のほうが印象に残っている。そして改めて星野源細野晴臣のようになりたいんだろうなぁと強く感じた。テレビブロス細野晴臣×星野源の連載を読んでいる身としてはなんか感慨深かったな。

 

8日わたしはお仏壇屋さんで働いているのでこの時期非常に忙しい。仕事のやりがいが~なんて話はさらさらする気はなく、ただ毎日誰かしらの不幸に面しながら生活のための金を稼いでいる。人の悲しみにふれるのはまだまだ慣れず、触れた部分から少しずつ心が毛羽立っていくのを感じる。その人の好きだった色、良く作っていた料理、楽しかった思い出、その全部がかつて線だったはずなのに、一瞬で未来につながらなることのない点になるのが耐えられない。どうして悲しくなり、どうして悲しくなくなるのかを考えていると気づけば一日が終わっている。働くことへの疲労やお金への執着よりはるかに多い絶対解けない問題への疑問だけが膨らんでいって、友人からはうつ病の疑いをかけられている。

 

9日以下最近読んだ漫画です。

トーキョーエイリアンブラザーズ 2 (ビッグコミックス)

トーキョーエイリアンブラザーズ 2 (ビッグコミックス)

 

 楽しみにしていた二巻。冬ノ介と夏太郎が人間らしくなってて楽しい。冬ノ介が無意識のうちに「自分は兄より優れている」とおごっているあたりとか前から人間らしくてかわいいな~と思っていたけど今回はその辺がかなり顕著にあらわれていてよかった。人間の美しい部分と汚い部分を兄妹でわけあっている感じが印象深かった。

きらめきのがおか(1) (ヤンマガKCスペシャル)

きらめきのがおか(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 田舎から出てきた女の子がアイドルを目指すっていうもう何百回と繰り返されていそうな設定だけど、なんだか読んでると元気が出るのはゴトウユキコの線の強さだと思う。「水色の部屋」みたいなじめっと感がなくてほんとに同じ人が描いてんのかな~と読むたびに思う。

あげくの果てのカノン(1) (ビッグコミックス)

あげくの果てのカノン(1) (ビッグコミックス)

 

キャラクターに惹かれないっていう点を除けばおもしろかった。主人公のカノンちゃんは好きな先輩の遊びに来るケーキ屋に録音器をしかけたり、使っていた(と思われる)割りばしの袋を持ち帰るようなやばい子だし、どう考えてもハッピーエンドの香りはしないのだけど一巻の終わり方があまりに気になる展開だったので二巻の発売を待つ。

 

10日暑さのせいか食欲が夜になると急に落ちてビールを一杯飲んで冷やしたトマトを食べたらおなかがいっぱいになってしまった。姉と買い物に行ったときにあと一歩太ったら絶対に履けなくなる!みたいなデニムを買ったので少しやせるくらいでちょうどいいか。

 

natalie.mu

同じ時代に生きていてよかった、と思う数少ない人物です。大切なことはすべて宇多田ヒカルから学んでいる。