台風がきている。先日書いた記事にもあるように、睡眠薬を飲んで寝ているのだが風の音がうるさくて今日はそれでも寝付けない。災害時の備蓄用に買ったはずのランチパックだけど、おなかが空いてしまいこの時間に熱いお茶と一緒に食べている。余談だけどランチパックは絶対ピーナッツ派。最近悲しいことが多くてお風呂で、電車のなかで、一人しか乗って居ない平日昼間のバス、至る所で涙が出てしまう。暇だからと少し映画を観すぎたせいかもしれない。涼しくなってきたからパジャマを秋物に変えたけど、日中は暑くてまだ半そでを着てしまうことが多い。わたしの好きな人はいつも季節感のない服を着ている。彼が暑い日に着ている長袖のせいで、わたしと歩くといつも二人の間に季節一つ分のずれがあるようだ。

 

高校生から大学生の途中くらいにかけて、週に二回くらいは新宿のライブハウスにいた。その当時付き合っていたバンドマンの男の子はいまなにをしているだろう。今まで付き合った四人の男の子たちの名前と誕生日、最寄り駅を思い出す。不器用極まりない恋愛をしていたような気もするし、わたしばかりが器用でずるかったような気もする。男の子たちが夜中に自分のためだけに弾いてくれたギターやピアノの音、当時のわたしは家庭環境が最悪で、世界で自分のためだけに鳴る音にずっとずっと救われていた。バンドマンの彼女なんて別に華やかなものでもなく、楽屋に一度も入ることはなかったしライブもチケット代を払って観に行っていた。今も音楽は好きだけど、仕事をはじめてからはなかなかライブハウスに行けていない。男女関係の話しかしない一部の人たちが面倒になったっていうのもある。今となってはボケナスがなんか言ってるなくらいにしか思わないけど。

サーティーン、かれこれ10年くらいずっと好きだな。聴くとたまに泣いちゃうけど。


サーティーン『いやらしい』